印鑑に使える文字

印鑑は、どうしても「名字の漢字表記」のものを使うものだというイメージが強いですが、じつはそうでなくてもいい場合があります。
たとえば銀行印であれば、「ファーストネームのみ」で登録している人は意外と多いものです。それはなぜかといえば、若い女性が自分の印鑑をつくるときに「結婚したら名字がかわってしまうので」という理由で、かわらない名前(ファーストネーム)の方を使用した銀行印をつくる場合も多いようです。特にそれなりのお金を支払ってつくる印鑑の場合は、ますますこの傾向が強いのでしょう。

このことからもわかるように銀行印においては名前のみの印鑑の登録が基本的に認められています。そしてフルネームの印鑑も登録できます。ただし、姓にも名にも関係ないものは受理されません。そのため、結婚した女性が旧姓で登録しようとしても、認められないことがあるかもしれません。
では在留カードを持っている外国人の方の場合はどうでしょう?

たとえば母国語がアルファベットの場合、そのアルファベット表記の印鑑を使用できるのでしょうか?
印鑑登録に関しては、じつは登録を希望する自治体によって扱いが違うようです。そのため、いちど登録を希望する自治体に問い合わせてみるとよいでしょう。ただ、問題は登録よりもつくる段階です。アルファベットだと基本的に文字数が日本文字よりも増えてしまう傾向にあります。そのため、印鑑に使用するには印の面積が足りない場合が多く、本名がアルファベットの方はカタカナでつくる場合が多いようです。